訪問看護とは

訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

訪問看護ステーションのサービス

訪問看護ステーションから専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。
また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

訪問看護ステーションみのわでは次のようなサービスを提供しています

  • 一 病状・障害の観察
  • 二 褥創の予防・処置
  • 三 リハビリテーション
  • 四 ターミナルケア
  • 五 認知症患者の看護
  • 六 療養生活や介護方法の指導
  • 七 カテーテル等の管理
  • 八 清拭、洗髪等による清潔の保持
  • 九 食事および排泄等日常生活の世話
  • 十 その他医師の指示による医療処置
  • 十一 苦痛の緩和と看護

訪問看護を利用できるのはどんな人?

訪問看護のサービスは病気や障害のある方が利用できます。

訪問看護を利用するには?

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要となります。
医療保険で訪問看護を利用する場合
赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。
ご利用を希望する際には、かかりつけ医にご相談ください。
訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に従い、必要なサービスを提供します。
介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)
「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

こんな時はご相談下さい!

  • 退院した後のお世話が心配、通院が難しい
  • 病気の正しい知識を得たい
  • より良いお世話がしたい、リハビリ訓練を自宅で行いたい
  • 薬の飲み忘れや飲み間違いが多くなった
  • 病状の急変時が心配、将来のことを考えると不安になる
  • 医療機器(在宅酸素・自己注射、カテーテル等)の管理が難しい
  • なじみの看護師に定期的に看護してもらいたい等々

サービスを受けるまでの流れ

営業日・通常の事業の実施地域

定休日無休
営業時間9:00~18:00
緊急の場合は24時間対応致します。
ご利用料金保険種別により異なります。詳しくはお問い合せください。
実施地域群馬県高崎市全域

訪問看護を利用する費用

介護保険で訪問看護を利用する場合
基本利用料
毎回、他の居宅サービスと同様に費用の1割を負担
その他の負担
支払限度額を超えるサービス(訪問看護回数増など)、保険給付対象外サービスは全額自費負担
後期高齢者医療制度(長寿医療制度)で訪問看護を利用する場合
基本利用料
75歳以上の方は費用の1割 現役並み所得者の方は費用の3割を負担
その他の負担
  • 一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは差額を負担
  • 交通費、おむつ代、死後の処置は実費を負担
健康保険・国民健康保険で訪問看護を利用する場合
基本利用料
  • 70歳以上の方は、原則として費用の1割(現役並み所得者の方は費用の3割)を負担
  • 70歳未満の方は、原則として費用の3割(義務教育就学前の方は費用の2割)を負担
ページトップへ戻る